儲けるための原価計算/原価管理/管理会計

-  |  次の2件 »

お金があるのと利益がでたのと違う複式簿記を理解しないと説明もつらい。

会社で経理のことがわからない人は勘違いしている人が多い。

謝った理解をしているとわかるので説明もします。

最低限の会計知識は必要なので

それでもなかなか理解を得られない。


利益増加=現金預金増加

これは違う

複式簿記を知っている人はわかるはず。


資金の流れと利益の流れは違うのです。

それがピントこないようなので説明はしかけるが途中で諦める。

また

設備増加=資金減少=損失増加

減価償却の処理がわからないとこうなります。

設備投資は、購入額のすべての費用が増えるのではないので、回収効果計算をすればよいのです。


ビル

↓ 応援クリックお願いします
banner_02.gif


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人は世界に負ける!働き方改革の名の下に働く意欲のない若者が日本を背負う

日本VSインドネシアの若者比較


わが社の本社

36協定で40時間まで残業認められている

ところが働き方改革で騒ぐので風潮として、残業=悪


若者の残った仕事を怒れないミドル世代の管理職がそのフォローで裁量労働でカバーの仕事をしている。

これが実態。

若者は
車も乗らない
パソコンもやらない
酒も飲まない

スマホのゲームだけ、知識も経験も広がらない。

コミュニケーション力もだめだめ


指示があったら、いやいや働く。

これが日本の社会ではないでしょうか?


会社の工場に来たインドネシア人

これが大当たり


大学をでた優秀なやる気のある若者

働く意欲まんまん

自転車で工場まで30分、雨でも風でも

賃金は最低賃金でも祖国の10倍

3年働くと祖国で家は確実に建つと言います。


残業OK
つらいめんどくさい仕事OK
知識吸収力抜群

好奇心旺盛、イベント・酒飲みなんでも付き合う人懐こさ。


日本は確実に取り残されますね。

部分的にこれだけ見てもわかります。



↓ 応援クリックお願いします
banner_02.gif


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の2件 »
Copyright © 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます