KKDとKKH - 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計

KKDとKKH


企業で課題を解決・判断をする時の会話などで使います。

「ここまで議論したが、最後はKKDで決めるしかない!」

などという会話です。

KKDとは、「経験」「勘」「度胸」

KKHとは、「経験」「勘」「ハッタリ」

自動車会社のホンダが発祥という話を聞いています。

どんなに数字を積み上げても、科学的な分析をしても、それらに基づいた判断がはずれる時が以外と多くあります。

経験に勝るものはなし
なんてこともよく言います。

最初から考えもしないで「KKD」も真面目な人はできませんが・・・・


↓ 応援クリックお願いします
banner_02.gif


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。