税制改正で交際費が使えますが - 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計

税制改正で交際費が使えますが

2014年度から

資本金1億円超の大企業が対象

接待交際費として使った「飲食費の50%」を損金に算入できます。

「飲食費の50%」を課税対象から外すことができるようになるのです。

2013年度から既に

中小企業は、「年800万円を上限に交際費の全額を損金算入」できるように税制が変更されています。


円安、アベノミクスで雰囲気ではありますが、企業業績が少しづつ上向いているところに

税制面から見て、交際費が増えていく可能性はあるけど、果たして効果のほどはどうか?

飲食店には期待できる乳ニュースではありますが、

大企業で、税制が変わるから交際費を使っていいような動きにはならないでしょう。

その意味では効果としてはいかがなものでしょうか。


↓ 応援クリックお願いします
banner_02.gif


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます