三菱製鋼から子会社に出向、3億円不正をキャバクラ嬢に - 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計

三菱製鋼から子会社に出向、3億円不正をキャバクラ嬢に


2014年07月05日
産経新聞の記事によると

2014年6月25日に詐欺容疑で、三菱製鋼元社員、山本英成容疑者(45)が警視庁捜査2課に逮捕された。不正使用の総額は約3億円。

天下の三菱といえども、そのお金はどこから出てきたのか?

 会社から社員に貸与されたクレジットカードを不正に使い、高級腕時計、、キャバクラでの飲食、ホステスへのプレゼントなどに浪費していた。

普段の地味な生活だったらしいが、夜の街で豪遊
北千住の「山さん
と有名だった。

 東京都足立区のJR北千住駅近くにあるキャバクラで行きつけの店が数店舗あり、一度に50万円ほど使う上客として知れ渡っていた。華やかに着飾った数人のホステスに囲まれ、髪をきれいに整え、高級ブランドの細身のスーツに見るからに高級な腕時計を身につけており、カラオケで美声を披露して場を盛り上げていた。

という

「俺は三菱の部長で、月に400万円もらっているんだ」

山さんの経歴は

平成18年7月に三菱製鋼から子会社に出向し、総務担当部長を務めていた

子会社で、経費の支払い用に社員に貸与されたクレジットカードの管理などを担当。

退職者にはカードを返してもらい、解約や破棄処分にするが、約20人分をそのまま使用していた。

通常ならカード会社から利用代金の請求書が送られてくると、経理の出納責任者に出金伝票を提出し、カード会社に支払われる。

山本容疑者は不正使用分の請求書をシュレッダーで廃棄。正規のカード利用者の出張旅費を水増しするなどした請求書を偽造し、発覚を免れていたという。

 同様の手口で平成19年2月以降、約3億円の不正使用を繰り返していた。

ついに、平成24年11月に請求書を廃棄している“現場”を上司に目撃され、不正が発覚。

三菱製鋼は山本容疑者を25年10月に懲戒解雇し、今年4月に警視庁に刑事告訴していた。

その他、新幹線の回数券約1億4500万円分を購入し、換金していたことも明らかになった。

こんなことがあるなんて余裕がある会社なんですね。
こんなに多額で、発覚するのに時間がかかることが信じられない!

私自身の生活レベルから、お金の動きから、別世界のようです。



↓ 応援クリックお願いします
banner_02.gif


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。