2016年イオンの千本引きのカラクリでイオンの儲けに - 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計

2016年イオンの千本引きのカラクリでイオンの儲けに

毎年元旦に行くうちの奥さんのイオンの千本引き

2016年イオンの千本引きの内容です。

1,000名空くじなし!
1回税込5,000円
末等でもギフトカード5,000円分と粗品が当たります。

●1等イオンギフトカード10万円分…1本
●2等 イオンギフトカード 5万円分…5本
●3等 イオンギフトカード 3万円分…15本
●4等 イオンギフトカード 1万円分…79本
●末等 イオンギフトカード 5千円分+粗品…900本

前回の計算は1等1名+4等100名で計算しました。
再度計算します。

参加料
5000円×1000人=5,000,000円=5百万円
当たり
・10万円×1=10万円
・5万円×5=25万円
・3万円×15人=45万円
・1万円×79人=79万円
・5千円×900人=451.5万円
合計支出;610.5万円

参加費500万円収入、610.5万円支出 ▲110.5万円
マイナスのイベントが千本引きです。

に見えますが・・・・・

配付されたすべてのギフトカード610.5万円

みなさんイオンカードを使っての消費となります。当然

「外れた人」も「当たった人」もすべてです。

なので
すべての販売で 610.5万円 売上になる。

仮にその買い物の商品の儲けが20%あるとすると

610.5万円×20%=122.1万円

やはり儲かるのです。さらに買い物はギフトカード以上の買い物をするのが当たり前です。

結果610.5万円ー122.1万円= 488.4万円

500万円のイベントで、488.4万円として11.6万円利益で成功です。

プラスの買い物でさらに儲かります。

イオンはさすがです。


↓ 応援クリックお願いします
banner_02.gif


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 儲けるための原価計算/原価管理/管理会計 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。